コーエン兄弟『バートン・フィンク』徹底解剖23「Lower East Sideってどこ?」

 

 

 

 

 

さて、今回は「8時台」の解説だね。

 

 

その前に、前回を未読の方はコチラ!

 

第22回「7時台」

 

 

さあ、何が書いてあるんや!

 

『ローマ人への手紙』第8章には!

 

 

まあ、そんなに焦りなさんな。

 

第8章は39節まであるんだけど、その全部が使われるわけではない。

 

「15〜29節」が重要なんだね。

 

 

なんで特定できんねん?

 

 

あ、そっか!

 

ガイズラーのメモだ!

 

 

 

その通り。

 

あの時刻と番地は「ネタに使われる範囲」を表していたんだね。

 

コーエン兄弟が「ここテストに出ますよ!ちゃんと読んでおくように!」って言ってるみたいなもんなんだ…

 

 

というわけで、解説を始めるよ。

 

バートンは、ロサンゼルスの高級住宅地ベル・エアーのMORAGAドライブ829番地にあるリプニック邸にやって来た。

 

 

ビバリーヒルズに負けない超高級住宅地だったね!

 

 

 

世界でも屈指の高級住宅地だ。

 

大手映画会社CAPITOL PICTURESの社長リプニックの邸宅も大豪邸だった。

 

 

 

リプニックのオッサン、プールでくつろいどったな。

 

 

 

この「リプニック邸訪問」のシーンで重要なのが「ユダヤ人への侮辱」だ。

 

それが後のシーン「ロス警察刑事のキャラ設定」の伏線になっている。

 

 

ユダヤ人への侮辱?伏線?

 

 

映画『バートン・フィンク』の面白いところは、あるシーンで発せられた言葉や登場した小物が、後のシーンでキーワードとなって展開していくところにあるんだ。

 

それがどんどん連鎖していって、後半部分はもうトンデモナイことになっている。天才脚本家コーエン兄弟の神髄がいかんなく発揮されているってわけだね。

 

ただ日本語字幕や吹き替えでは、それが全く訳されていない。残念ながら、もう別の映画だと思ったほうがいいな。

 

 

そうだったのか…

 

 

そして、このシーンのキーワード「ユダヤ人への侮辱」は、セリフだけでなく小物でも表現されている。

 

これ見よがしに置かれてる「オレンジジュース」とかね…

 

 

 

ああ!ジュースといえば…

 

 

そう。ジュースには「Jew(ジュー:ユダヤ人)」がかけられていることが多い。

 

しかも「オレンジジュース」だから「カリフォルニアのユダヤ野郎」って感じの侮蔑的ニュアンスなんだね。

 

ミネソタからニューヨークを経てカリフォルニアへ行ったユダヤ人であるコーエン兄弟の自虐ギャグだ。

 

 

さて、リプニックはバートンに「何を飲む?」と聞く。

 

バートンは「ライ・ウィスキーを」と答えた…

 

 

 

朝の8時からライ・ウィスキーっちゅうのもヤバいな。

 

バートンの野郎、ついにアカンなってもうたか?

 

 

これは「RYE(ライ麦)」と「LIE(嘘)」の駄洒落なんだよ。

 

ほら、この後のシーンでも「USO」が出て来るでしょ?

 

 

 

たぶん他の言語でも「嘘」が隠されてるんだと思う。フランス語とかドイツ語とか主要言語でね。

 

映画を観ている世界中の人に「これ全部嘘なんですよ」って教えるために…

 

 

もうすぐクライマックスだから、そろそろ気付けよってことか…

 

 

だね。

 

さて、リプニックはバートンに映画の「あらすじ」を尋ねる。

 

 

「人々が席につき、館内が暗くなり、スクリーンにはCAPITOLのロゴが映し出される…。さあ、映画はどう始まるんだ?」

 

 

バートンは出だしの部分を語った。

 

 

It's a tenement building. On the Lower East Side...

「ロウアー・イースト・サイドの安普請の建物…」

 

 

この部分も最高に笑えるよね。

 

 

 

笑える?どこが?

 

ただ「ニューヨークの下町から始まる」って言っただけじゃんか。

 

 

誰が「ニューヨーク」って言った?

 

 

だって「ロウアー・イースト・サイド」ってニューヨークでしょ?

 

 

なぜ決めつけるかな?

 

リプニックは「CAPITOL」の続きを尋ねたんだ。

 

だからバートンは「Lower East Side の a tenement building」と答えたんだよ。

 

 

へ?

 

 

「CAPITOL」は「首都」って意味だよね。ニューヨークは首都じゃないでしょ?

 

そしてこの場にいるバートン、リプニック、そして秘書のルーは、皆ユダヤ人だ。

 

彼らユダヤ人にとって「首都」といえば…

 

 

まさか…

 

え、エルサレム!?

 

 

その通り。

 

実はバートンの脚本には一言も「ニューヨーク」なんて言葉は出て来ないんだ。

 

バートンも「物語はニューヨークから始まる」なんて一度も言っていない。

 

ただ「Lower East Side」としか言及されていないんだよ。

 

映画を観てる人たちが勝手に「ニューヨーク」だと思い込んでるだけなんだよね。

 

映画の冒頭がニューヨークのシーンだったから…

 

 

ああ、確かに…

 

 

単刀直入に言っちゃうと…

 

「Lower East Side」とは、イエスが生まれた地「ベツレヘム」のことなんだね。

 

エルサレムのロウアー・イースト・サイドに当たるのが、イエス降誕の地ベツレヘムなんだ。

 

エルサレム旧市街地をセントラルパークの貯水池だとすると、ロウアー・イースト・サイドとベツレヘムは方角も距離もほぼ同じ位置なんだよね。

 

ちょっとグーグルMAPを拝借するよ。

 

ゴルゴタの丘跡地とされるエルサレム旧市街地の「聖墳墓教会」とイエスが誕生したベツレヘムの洞窟/厩跡地に立つ「降誕教会」の位置関係、そしてニューヨークのセントラルパークの貯水池の向かいにある「ユダヤ博物館」と古いユダヤ人街である「ロウアー・イースト・サイド」の位置関係を見比べて頂戴な…

 

 

 

ああ!!!

 

距離も方角も全く一緒!

 

 

レスリング映画の最初のシーン「a tenement building on the lower east side(ロウアー・イースト・サイドの安普請の建物)」って「ベツレヘムの家畜小屋」のことだったんだね。

 

ホントホルスト『羊飼いの礼拝』

 

 

だから、あのポスターだったんだよ…

 

 

 

 

あの「蚊」が映画最大のヒントになっていたんだな!

 

なんてこった…

 

 

実に鮮やかな手口だ。さすがだね、コーエン兄弟は…

 

ちなみにイエスが生まれた地とされる「降誕教会」なんだけど、これが「パレスチナの世界遺産」として登録されたことで、イスラエルとアメリカはユネスコに猛抗議し、出資停止や脱退を口にし出したんだ。近年のアメリカとユネスコの険悪な関係は、この「降誕教会」に端を発したとも言える。

 

これをイエスが聞いたら、なんて言うだろうね。

 

 

やっぱり『バートン・フィンク』っぽく「Jesus Christ!」かな…

 

 

せっかく人間の罪を全て背負って死なれたのにね。どれだけ人は新たな罪を作りだせば気が済むんだろう…

 

 

やれやれ。

 

 

なんだかしんみりしちゃったな。解説に戻ろうか…

 

「ロウアー・イースト・サイドのボロアパート」と聞いてリプニックは興奮する。

 

 

「いいぞ!主人公は貧乏人か!善いレスラーは困難と格闘せにゃいかん!」

 

 

だけど、そこでバートンが口をはさんだことにより、リプニックはさらに興奮する…

 

 

バ「あの…、正直に言わせてもらってもいいですか?」

 

リ「正直に言うだと!?Jesus!」

 

 

やっぱり出た、Jesus(笑)

 

 

リプニックは「正直」について語る。

 

「人は誰でも、常に正直でいるというわけにはいかない。この街のように、鋭い歯をもつサメがうようよ泳いでるところではな…。だけどお前はライターだ。そんなことを気にする必要は無い。もしワシが全てにおいて正直だったら、今居るこのプールサイドまでの半径1マイル以内にすら近付けなかっただろう。清掃夫以外ではな…。だからといってお前が正直でなくていいという理由にはならないぞ」

 

 

なんか臭うな…

 

 

有名な『マタイによる福音書』第5章だね。

 

「目には目を、歯には歯を」と「もし1マイルを強いるなら」の引用だ。

 

さて、バートンは虚ろな表情でライ・ウィスキーを一気に飲み干し、こんなことを言い始める…

 

「正直に言うと…、執筆途中にある作品についてアレコレ語るのは好きじゃないんです。せっかく頭の中には全体像が出来上がっているのに、それをムリヤリ言葉にしろと言われても、時期尚早というか…。言葉にしてしまうと、言葉が独り歩きを始めて、本来の内容とは違うものになってしまうんですよね。そうなったら最期、二度と元の形は取り戻せない…。だからこの話はもうやめにしましょう」

 

 

うわあ…

 

映画界のドンに向かって…

 

 

ここから『マタイによる福音書』第8章15節から29節の引用による会話が始まっているんだ。

 

さっきのバートンのセリフは、22節から26節に書かれている「生みの苦しみ、言葉に出来ない祈り」が元ネタだね。

 

8:22 実に、被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの苦しみを続けていることを、わたしたちは知っている。

8:23 それだけではなく、御霊の最初の実を持っているわたしたち自身も、心の内でうめきながら、子たる身分を授けられること、すなわち、からだのあがなわれることを待ち望んでいる。

8:24 わたしたちは、この望みによって救われているのである。しかし、目に見える望みは望みではない。なぜなら、現に見ている事を、どうして、なお望む人があろうか。

8:25 もし、わたしたちが見ないことを望むなら、わたしたちは忍耐して、それを待ち望むのである。

8:26 御霊もまた同じように、弱いわたしたちを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあらわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。

 

 

おお、なるほど!

 

 

予想外のことを言われ、リプニックは固まってしまう。

 

それを見た秘書のルーが「心得ました」とばかりにバートンに説教を始める。

 

「バートン君、業界に長くいるこの私から、ひとこと言わせてもらうよ。リプニック氏は映画の創成期からこの業界で活躍してきた。いわば氏が映画産業というものを作り上げてきたと言っていい。だから氏に雇われている者は、全てを包み隠さず話さねばならぬ。君の頭の中にあるものも全てキャピトル・ピクチャーズのものなのだ。もしも私が君の立場なら、全て話すだろうな…。Goddamn!今すぐだ!」

 

 

 

書いたものはリプニックのもの、頭の中のアイデアもリプニックのもの!

 

ジャイアン…、いやカエサル以上だ(笑)

 

 

ルーのセリフは『マタイによる福音書』第8章17節と28節だね。

 

8:17 もし子であれば、相続人でもある。神の相続人であって、キリストと栄光を共にするために苦難をも共にしている以上、キリストと共同の相続人なのである。

8:28 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。

 

ボスの意を汲んだと思い「したり顔」のルーに対し、リプニックは立ち上がって罵倒する。

 

しかも最上級の侮辱でもって…

 

 

「この《kike》め…、サノバビッチ!」

 

 

 

 

カイク?

 

 

日本語にするなら「ユダ公」って感じかな。ユダヤ人に対する最大級の侮蔑表現だ。

 

日本人でいう「JAP(ジャップ)」みたいなもんだね。

 

ちなみに「サノバビッチ」は、15節の「アバ、父よ」のジョークだろう。

 

8:15 あなたがたは再び恐れをいだかせる奴隷の霊を受けたのではなく、子たる身分を授ける霊を受けたのである。その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのである。

 

 

コーエン兄弟、きっつ…

 

 

さらにリプニックは罵倒を続ける…

 

 

「このお方をどなただと思っているんだ!?偉大な芸術家だぞ!貴様、何様のつもりだ!今すぐこのお方の足にキスしろ!でなきゃ貴様はクビだ!」

 

 

ルーは足への口付けを拒み、クビ勧告を受け入れ、この場を去って行った。

 

そしてリプニックはバートンに跪く…

 

 

「ワシはお前ような芸術家を尊敬している。その素晴らしい創作哲学もだ。だからお前が望むのなら、いくらでも足に口付けしよう…。かつて我々の先祖は、ひとりの幼な子から多くのことを学ばされた。尊敬に値すべき人間に対してこうすることは、恥でも何でもないのだ…」

 

そしてバートンの足にキスをした…

 

 

 

ちょっと待って…

 

言ってることが、もう…

 

 

完全にバラしちゃってるよね(笑)

 

でも、これも日本語字幕や吹き替えでは訳されてないんだ…

 

いったいどういうことなんだろう?

 

 

さて、映画界のドンから足にキスされて呆然とするバートン。そのままこのシーンはフェイドアウトする。

 

このシーンに初登場したキーワードで、次以降のシーンで展開されていくのは「ユダヤ人への侮辱」「創成期(創世記)」「クビ(fire)」だね。

 

 

いよいよクライマックスが近くなってきたぞ!

 

 

このペースで行けば、あと5回くらいで終わりそうやな…

 

 

僕もそう願うね。

 

さて、今日も最後に1曲歌ってお別れしようかと思うんだけど…

 

 

今日はノリノリの曲にしよう!

 

 

ええな。パーっと景気よく行こか。

 

 

じゃあ、これかな…

 

ノリノリな曲調に対して、歌詞はちょっと感傷的なんだけど…

 

すっかり変わってしまったロウアー・イースト・サイドへの複雑な想いを歌った歌、マイケル・モンローの『バラッド・オブ・ザ・ロウアー・イースト・サイド』だ。

 

それでは皆さん、ごきげんよう。さようなら。

 

 

MICHAEL MONROE『Ballad of the Lower East Side』

 

 

JUGEMテーマ:映画

コメント